この度、台湾の電気製品メーカー「BenQ様」より新製品のデスクライトのモニター依頼をいただきました。

商品名:WiT MindDuo 親子デスクライト <クランプタイプ>
価格:24800円(税込)

親子デスクライトの詳細を確認する

 

 

この製品は子供のために開発されたデスクライトで目の疲れを防ぎ、独自の導 光ルーバーを採用で一般のデスクライトより150%も広い95cmという照明範囲を 実現されています。

独自の湾曲設計と反射板の採用で幅広い照明範囲を実現する事で親子が並んで 使えるデスクライトとなっていて、うちのパソコンデスクに最適。という事で モニターを決断しました。

【DIY】IKEAのダブルベッドをパソコンデスクにリメイク
 「IKEAのダブルベッドまだ綺麗なんだけどいらない」突然そんな連絡をいただき、早速取りに行って来ました。  現在、セ...

 

 

BenQ社とは?

BenQは、中華民国を拠点とする電気製品メーカーおよびその商品ブランドである。

中国語での社名は明基電通股份有限公司。

「BenQ」は「Bringing Enjoyment and Quality」の略称から来ている。

明基・友達グループの中核企業である。

ウィキペディアより

 

液晶ディスプレイやプロジェクターなどの商品が有名な会社ですね。

失礼な話、私はBenQというメーカーの事を知らなくてネットで調べたり中国・ 台湾の家電メーカーと繋がりのある方にBenQの事を聞いたりしました。

その方に“BenQの日本代理店にも行った事があるし、歴史もある立派な会社だよ “と言われて安心しました。

 

 

 

MindDuoの特徴

 

1.十分な光を作業スペースにバランス良くあて、目の疲れを防ぐ

一般のデスクライトに比べて150%も広い95cmという照明範囲を実現した事により、バランス良く光があたるので目の疲れを抑えることができます。

 

2.最適な光量を表示。小さな子供でも簡単に明るさが調整できる

内臓センサーが周りの明るさを測定、最適な光量を色で分かりやすく表示。
目に優しい、快適な環境をつくります。

 

3.光の調色が可能!サーカディアンリズム(生体リズム)を意識して、子供本来のイキイキした生活に

・日中は自然光に近い白色の光を高照度で照らすことで、覚醒感やパフォーマ ンスを維持。
・夜は暖かみのある電球色の光を低照度で照らすことで、人間本来の生体リズ ムにのっとった生活を実現。

 

4.人感センサーでオン/オフ

・ライトに近づくと自動的にライトオン。離れると30分後自動的にオフ。
・ライトの点け忘れや消し忘れ防止。

 

5.USB充電ポート搭載。デジタル教材使用時に便利

スマートフォン、タブレット、小型スピーカーなど対応のUSBポート(5V,1A) 搭載
※今回の製品はクリップタイプなので写真とは異なりますがUSBポートは御座います。

 

6.2種類のプリセット閲覧モード

・デジタル閲覧モード
4000K(やや低い温度色)で周りとバランスのとれた明るさに調整

・紙での読書モード
6000K(高温度色)で周りとバランスのとれた明るさに調整

 

7.子供の目を見えない危険から守る

・専用LED駆動ICチップを搭載、ちらつきのないゼロフリッカーを実現。
・IEC/EN62471に準拠、子供を青色光網膜傷害(blue-light hazard)のような 目にみえない危険から守る。

 

親子デスクライトの販売ページを確認する

 

 

デスクライト設置方法

その話を聞いてすぐにモニターをお受けするメールを送り、それから約1週間後にデスクライトが我が家に届きました。

 

 

ダンボールから出すと可愛いデザインの箱が出てきました。

 

 

中身はこんな感じ

 

 

今回の商品は土台タイプではなくクリップタイプで設置方法はいたって簡単です。

クリップ部分とライトを連結し、電源ケーブルを差し込むだけ。

せっかくなので娘に組んでもらいました。

 

 

あとはデスクライトをパソコンデスクに取り付けるだけ。

 

・・・

・・・

・・・

 

なんと!!

 

これまでもクリップタイプのライトを使ってたのでクリップできると思ってたのに(汗)

自分で作っておきながらパソコンデスクの両端だけにクリップできるスペースを設けていた事をすっかり忘れてました(笑)

 

仕方がないので廃材でL字をつくりクリップできる場所を作りました。

 

 

これに固定します。

 

あら。素敵^^

 

 

手動でON・OFF

照度センサーから2cmのところに手を持っていくとライトがON・OFFされます。

※これは人感センサーがOFF状態です。

 

人感センサーをONにすると近づいただけでライトがON(直径40cm)になり、離れてから30分後には自動でOFFになるのでライトの消し忘れ防止になります。

 

あっ!!

広範囲で照らされるライトだと分かっていながら娘の目の前に設置した為、均等に照らされない(汗)

でも大丈夫!! アームとライトが自在に動くのでセンターにライトを持ってきました。

 

 

まとめ

年々、デジタル化が進んでる中、多くの親御さんが子供の目を心配しているの ではないかと思いますがこの「MindDuo親子デスクライト」は周囲の明るさを測定し、自動調整してくれるので一般的なデスクライトに比べて目の疲れを軽減することができます。

 

■子供のデスクライトによくある問題点

・照明範囲が狭い、明暗差が大きい

暗い所での読書は瞳孔が開き、目のピントを合わせる筋肉に負担がかかり目が疲れやすくなります。

筋肉の過剰な働きが子供の近視を進行させる原因になると言われてます。

 

・適切な光量がわからない

視界に明暗の差があると、虹彩の筋肉が明るい部分と暗い部分の双方に常に調整を繰り返している状態になる為、目の疲れの原因となり集中力の妨げになっています。

 

・ライトの点け忘れや消し忘れ

気がついたら暗い中勉強してたり、勉強が終わってもそのままライトが点けっぱなしという事は少なくないという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

この「MindDuo親子デスクライト」はそんな問題を改善する為に開発されたデスクライトです。

・青みがかった白い光は、集中力を高める効果があり、メラトニンの分泌も抑えられ、午後の眠気が解消されます。

・黄色っぽい暖かい光により、リラックスができ、アイデアが湧き上がるような雰囲気が作られます。

・小説、絵本、電子書籍など様々な読み物に応じて、反射光が起きにくい適切な光を選択し、読書に集中できます。

 

2種類の光で頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書を読むとこんな感じ。

 

 

光の特性を理解すればデスクライト一つで効率化することも出来そうですね!

親子デスクライトの詳細を確認する

 

 

シンプルなデザインで手作りパソコンデスクにとてもマッチしててとても気に入っています^^