8月にファンド資金を使って市場からXEXをBurn(バーン)すると公式発表がありました。

この記事は8月に実施予定のBurn(バーン)とXEXホルダーボーナスのお知らせです。

 

 

スポンサードサーチ

Burn(バーン)とは?

Burn(バーン)とは焼却という意味があり市場から消し去ると考えるとわかりやすいと思います。

では、何のためにBurnするのでしょう?

 

XEXの発行枚数の上限は100億枚と決まっています。

発行枚数に限りのあるXEXを運営元(クロスエクスチェンジ)が買取り、市場から消滅させる事でXEXの希少性が上がります。

 

株で例えるなら、自社(企業)が発行した株式を買い戻す「自社株買い」と似ています。

流通する株数が減ることで1株あたりの価値が向上し株主に還元することが出来ます。

 

XEXでいうところのホルダー(投資家)ですね。

Burn(バーン)はXEXを保有している私達にメリットを与える可能性が高いイベントです。

 

実は世界最大級の仮想通貨取引所でもあるBinance(バイナンス)も実施しています。

 

運営元のクロスエクスチェンジは私達、XEXホルダーが増えれば増えるほど収益も上がり、その収益の中からXEXを買取り、Burn(バーン)する事でホルダーに還元する。

節約パパ節約パパ

Burn(バーン)は双方にとってメリットのある素晴らしい仕組みですね。

 

何となくBurn(バーン)を理解していただけたでしょうか?

 

 

ファンド資金を利用した大規模バーン

そのBurn(バーン)をクロスエクスチェンジは8月に実行します。

クロスエクスチェンジはXEXトークン発行総数の20%がファンド枠に設定されていて、このファンド枠から定期的にBurnを実行することでXEXの価格上昇が見込めます。

節約パパ節約パパ

定期的にXEXの価値は上昇する可能性が高い仕組みになっていますね。

 

今回のBurn(バーン)実施期間は8月1日~8月31日です。
※1ヶ月かけて一定数のXEXを買い戻し、バーンされる予定です。

 

現在、新規登録で120XEXプレゼントキャンペーンを実施中ですがXEXの価格が上昇すればこのキャンペーンも終了していまう可能性もあります。

クロスエクスチェンジに興味がある方はとりあえず、新規登録を済ませて小額でも良いので1回だけ取引をして120XEXを受取っておく事をおすすめします。

 

 

 

スポンサードサーチ

XEXホルダーボーナス

今回のお知らせはこれだけでは終わりません。

先程も出てきたファンド枠の中から約6億円相当をXEXホルダーへ還元されます。

 

XEXホルダーボーナス制度は、CROSS exchangeのユーザーでXEXを保有している人へ定期的にファンド資金を利用してXEXを配布する制度です。

第1回目は5月31日に実施されています。

 

今回は第2回目になるのですがXEX配布対象者は2種類あります。

1.ロックアップ付きXEXホルダー全員対象

ファンドのXEX資金の5%を「ロックアップつきXEX」を保有しているユーザー全員へ比例分配されます。

ロックアップ期間:90,60,30日のいずれも可
ロックされていないXEXは対象外です。

 

2.貢献度の高いホルダーのみ対象

ファンドのXEX資金の5%を「貢献度の高いXEXホルダー」に還元されます。

貢献度の高いXEXホルダーは前回配布以降の6月1日から8月末までの間に「再自動ロックアップ」を設定し続けている人が対象となります。
※一度でもチェックを外した方は配布対象外です。

 

注意

ここで配布されるXEXはファンド枠にあるXEX資産のため、ファンド資産と同様に売却する事が出来ません。
日々の配当を得る権利を有する性質のものです。

 

配布時間:2019年8月31日 13:00

 

さらに貢献度の高いホルダーには「ファンド資金のメジャーコイン」も還元されます。

8月末時点でのファンドが保有するメジャーコイン(BTC,ETH,XRP,USDTなど)の5%を8月末時点でのXEX保有数量に応じて比例分配されます。
※6月1日から8月末までの間に「再自動ロックアップ」を設定し続けている人が対象です。(一度でもチェックを外した方は対象外)

 

 

CROSS exchange1周年記念!BIGファンドボーナス

少し先の話になりますがもう一つだけお知らせがあります。

2019年11月にCROSS exchangeが1周年を迎えます。

第3回目のXEXホルダーボーナスが1周年と重なることもあり、BIGなファンドボーナスの分配が実施されるようです。

XEX配布条件は7月28日13:00(JST)から11月末日まで「再自動ロックアップ」を設定し続けている人のみ対象です。
※一度でもチャックを外した人は対象外です。

 

 

第2回に続いて第3回目もメジャーコインの還元が実施される予定です。

11月末のファンドが保有するメジャーコインの数%分をXEXホルダーの11月末時点のXEX保有数量に応じて比例分配されます。

 

CROSS exchangeはXEXを長期保有してくれるホルダーへより多くのメリットを還元できるように施策していくようです。

XEXの高ロックアップ率を維持することで爆下げの心配が減るのでホルダーは安心できると思います。

節約パパ節約パパ

もしも、XEXの価格が下がってもBurnを実施する事でXEX価格を戻すことも可能なので安定してXEX価格は上昇していく可能性は高いですね。

 

XEX価格が安い間に取引マイニングする事で小額で効率よくXEX保有量を増やすことが出来ますのでクロスエクスチェンジに興味のある方はCROSS exchangeの基礎から学んでください。