「本を聴く」という新しい感覚のaudible(オーディブル)ですが返品・交換はパソコンでしか出来ないと思い込んでいましたがスマホでも出来る事がわかりました。

audible(オーディブル)ってなに?って方は先にこちらをご覧ください。

audible(オーディブル)のメリット!本を聴く!?本が苦手な人の新しい習慣

 

パソコンでしか返品出来ないと思い込んでいた私がこれに気づいたのはaudible(オーディブル)に填まってる友人から”audibleの返品・交換したいんだけど記事にあるような表示が出ないよ!”と連絡を貰った時でした。

話を聞くと彼はスマホで返品・交換をしようとしていたので「それはパソコンでしか出来ないよ」というと”PCブラウザにしても駄目?”と言ってきました。

その時、私ははっ!!としました。

 

勝手にパソコンでしか出来ないと思っていたけどそう言われてみるとPCブラウザなら出来るかもと思い、早速試してみました。

結果、パソコンで返品する時と同じ画面が出て来ました。

 

その流れを図解入りでお伝えします。

 

スマホでaudibleの返品手順

audible(オーディブル)にアクセスしログインをします。

右上の「縦の三点リーダー」をタップ

※AndroidでGoogle chromeアプリを使用しています。

 

下にスクロールし、「PC版サイト」をタップ

 

するとパソコンで返品する時と同じ画面になります。

「○○さん、こんにちは」の横をタップ

 

「アカウントサービス」をタップ

 

左のメニューバーに「購入履歴(返品)」があると思いますのでタップ

 

右端に「返品する」ボタンが出ていれば返品が可能となりますのでこちらをタップ

 

これで1コインが戻ってきますので新たな本を購入しましょう。

iPhoneをお使いの方はこちらの記事をご参考ください。

iPhoneのSafariで閲覧ページをPC(デスクトップ)向け表示に変更する2つの方法

↑外部サイトへ飛びます。

 

Audibleは聴き放題ではない

ここで注意して戴きたいのがAudible(オーディブル)は聴き放題ではないということ。

先日、ある方からこんなご連絡を戴きました。

オーディブルを返品し過ぎて返品出来なくなりました。

ちなみに返品回数は8回です。

 

8回は凄いですね。

8回返品という事はおそらく9冊ゲットしているので1冊1500円で換算すると1500円×9冊=13500円

月額1500円で13500円分の本を聴いたならすでに元は十分に取れていますね。

しかし、勘違いしないで欲しいのはこれは8回/月の返品が可能というわけではなく明かに読み放題感覚で返品している事がわかったら制限が掛かるのではないかと思います。

「上限回数は非公表」となっています。

 

「返品不可」のメッセージ

当サイトでご紹介させて戴いてる返品・交換手順を行おうとして「返品する」のところに「返品不可」と表示された場合はオンラインで返品できるタイトル数の上限に達したことが考えられます。

基本的にaudibleは聴き放題ではなく万が一「タイトルが気に入らなかった」「間違えて買ってしまった」「ナレーションが気に入らなかった」など購入したタイトルに満足いかなかった場合に交換出来るよ。

という感じで聴き放題を目的とはしていません。

 

では、オンラインで返品出来なくなったらもう交換が出来ないのか?といったらそんな事はありません。

もしも、不満があり交換して貰いたい場合はカスタマーサービスに連絡する事で交換可能となります。

その時は、

①タイトル名

②返品理由(以下より選択)

・音声に関する問題(音飛びなど)

・タイトルの内容が気に入らなかった

・ナレーションが気に入らなかった

・間違って購入した

・紙の本と思って購入した

・その他(具体的に説明してください)

上記の2項目を連絡する形となります。

 

会員特典として30%OFFで購入出来ますので値段の高いタイトルはコインで購入し、その他は30%OFFで購入しましょう!