節約生活の必須アイテムとしてクレジットカードが挙げられますが使い方を間違えると浪費生活に早変わり!!

クレジットカードを使うメリットとして現金払いでは付かないポイントが還元されます。

楽天カードでしたら還元率1%。
100円⇒1ポイント

楽天PINKカードの「個人賠償責任事故補償プラン」がオススメな2つのポイント
女性向けの楽天カードという事で私自信あまり気にならなかった「楽天PINKカード」ですが他にはない凄いサービスがある事に気がついてし...

 

これまで現金で支払ってたものをクレジットカードを経由する事でポイントが貯まり、貯まったポイントでお買い物が出来るというメリットがありますが使い方次第ではそのポイントよりも無駄にお金を支払ってしまう事もあります。

その危険性を兼ね揃えてるのがクレジットカード会社からゴリ押しされるリボ払いです。

 

 

リボ払いの危険性

リボ払いとは、毎月の返済額を一定に出来るとても良さそうなシステムです。

「今月、ちょっと使いすぎたなぁ・・・。」という時でも毎月の支払い額は一定なので生活を圧迫しなくて済みます。

942ec66b042d603a1e7b14eba1a6fda0_m

 

目先のことを考えるととっても便利なリボ払い。

しかし、とっても危険な仕組みになっていることをご存知でしょうか?

 

・高金利
実質年率15%(月利1.25%)

・返済期間の長期化
これは返済方法によって期間は変わってきますが一般的な元利均等の場合をシュミレーションをしてみましょう。
残高を20万円で月額返済額を5000円で設定してみます。

元利均等
支払回数(月数):56ヶ月(4年8ヶ月)
返済総額:278,953円
支払利息総額:78,953円

回数

月額返済

元本

利息

返済後残高

1 5000 2501 2499 197499
2 5000 2532 2468 194967
3 5000 2563 2437 192404
55 5000 4891 109 3905
56 3953 3905 48 0

 

単純計算で20万円を毎月5千円返すと40回で終わるところが16回も無駄に払わなければならないことがお分かりになると思います。

このような感じで無駄に利息を払い続けるようになります。

 

・増え続ける借金の仕組み
毎月の支払い金額が一定なのでいくらお買い物をしても毎月の支払いは変わりません。
※ご利用残高で最小支払い額が設定されてる場合があります

その変わり返済期間が延長され利息もドンドン増えていきます。

恐ろしいことに借金をしているという意識が無くなってしまうんです(゚o゚;;

 

これは大げさなお話ですが例えば100万円の残高で毎月の返済額が1万円の場合、返済額よりも利息分の方が多くなるので毎月1万円払っているのに残高は増え続けるという恐ろしいことになります。

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_m

 

これが限度額までいってしまうと他から借金をして返済にあてて更に借金が膨れて借金地獄へと突入していきます。
こうならない為にリボ払いに手を出すのは極力控えるようにしましょう!!

 

 

元利均等と元金均等の違い

リボ払いには「元利均等と元金均等」の2種類の返済方法があります。

 

元利均等とは?

毎月の返済額が元金と利息の合計金額が一定の返済方法です。
わかり易くする為にシュミレーションをしてみましょう

借り入れ金額 50000円
年利 15.00%
月額返済額 5000円

回数

月額返済

元本分

利息分

返済後残高

1 5000 4376 624 45624
2 5000 4430 570 41194
3 5000 4486 514 36708
4 5000 4542 458 32166
5 5000 4598 402 27568
6 5000 4656 344 22912
7 5000 4714 286 18198
8 5000 4773 227 13425
9 5000 4833 167 8592
10 5000 4893 107 3699
11 3745 3699 46 0

支払い利息総額 3745円

 

 

元金均等とは?

元金が一定で金利が上乗せされた金額を毎月返済する方法

こちらも同じくシュミレーションしてみましょう

借り入れ金額 50000円
年利 15.00%
月額返済額 5000円

 

回数

月額返済

元本分

利息分

返済後残額

1 5624 5000 624 45000
2 5562 5000 562 40000
3 5499 5000 499 35000
4 5437 5000 437 30000
5 5374 5000 374 25000
6 5312 5000 312 20000
7 5249 5000 249 15000
8 2187 5000 187 10000
9 5124 5000 124 5000
10 5062 5000 62 0

支払い利息総額 3430円

 

元利均等の利息 3745円
元金均等の利息 3430円

少し元金均等の方が利息が少ないのがおわかりになると思いますがこれが借り入れ金額が大きくなればなるほど利息も大きく変わってきます。

 

借入金額 500000円
年利 15.00%
月額返済額 10000円

元利均等の利息 289500円
元金均等の利息 159325円

その差 130175円

 

この利息の違いに驚きですがどちらにせよ、これだけの利息を払うのはバカバカしいですね!!

無駄な利息を払わないようにリボ払いには手を出さないようにしましょう。