私達が子どもの頃には想像も出来なかったEd Techをこの機会に理解し、お子様がこれからの未来に対応出来るよう上手く活用していきましょう。