今回は今までとはちょっと違った小物DIY(ディスプレイボックス)に挑戦してみました。

こうなるとセリアは面白いですね^^

 

材料

セリア

木板45×12cm:2枚
ファブリックボード:1個
木製フック付きプレート:1個
CLIP MOBILE:2種類
インテリア押しピン:6P
アンティーク押しピン:40P

ホームセンター

ベニヤ板:40×35cm:1枚

 

ディスプレイボックスの作り方

ディスプレイボックスの枠となる桐材をカットします。

 

 

今回は丸ノコを45度にセットしてカットしました。

 

 

410㎜と360㎜でカット

 

 

これを縦真っ二つにカット

 

 

微妙に厚みが異なったのでカンナで均一にします。

 

 

そして1年半掛かってやっと完成したトリマーテーブルを使って溝を彫ります。

 

 

こんな感じ

 

 

めっちゃ簡単にキレイな溝が彫れました^^

トリマーテーブル関連記事

 

加工した桐材をホームセンターで400㎜×350㎜にカットしてもらったベニヤ板にはめ込みます。

 

 

ピッタリ合う事を確認したら木工用ボンドで固めます。

 

 

固まった頃に補強の為のかくし釘を打ちます。

 

 

頭を飛ばしたらこんな感じ

 

 

これで箱の完成です。

 

 

箱をフォトスタンドに載せてみます。

 

 

これにディスプレイしていきましょう。

使うアイテムはセリアで購入した写真のアイテム+ファブリックボード

 

 

こんな感じで飾りつけてみました。

 

 

ちょっと高級感を出すために自然系植物性塗料WATCOオイル(ダークウォルナット)を塗って現在、乾燥中です。

仕上がったらまた写真をアップしますね!

 

 

追記: 塗装が完了してイメージがガラッと変わりました。