【重大発表】こんな私が・・・

Sponsored Link

私、学生時代は勉強が大嫌いでほとんど勉強した記憶がございません(笑)

小学生の頃は宿題をやらずいつも怒られ、最終的には学校で宿題を終わらさなければ帰らせて貰えなくなりました。

 

中学時代も変わらず勉強が嫌いでテスト習慣になると友人に「勉強教えて」とお願いして家に来てもらってるのにも関わらず始まって5分もしたら飽きて「あとは夜勉強するから遊ぼ」と言って友人も巻き込み遊んでいました。

 

高校受験の時も三者懇談で担任の先生に「おまえは家で勉強してるのか?」という問いかけに「暗くなるまで遊んでご飯食べてお風呂に入ったら寝るので勉強する時間はありません」と言ったら親の目の前で「おまえは今日からガリ勉になれっ!!」と怒鳴られた事を覚えてます。

その後、親も先生に怒られたらしいです(笑)

 

何とか公立高校に入学出来た私ですが高校生になっても変わる事はなく勉強もしないで毎日、くたくたになるまで外で遊び、テストは赤点ばかり(汗)

中学、高校とテストの結果は後から10番以内に常駐、通知表も「体育と数学」以外は5段階評価の1か2でした。

 

高校はなんとか卒業出来ましたが大学なんて行くはずもなくというか行けるはずもなく(笑)すぐに就職しました。

そんな感じで机について何かをするというのが苦手で20代後半までまともに本も読んだこともない人間でした。

 

それが結婚、出産をきっかけに節約に興味を持つようになり、学生時代、感想文もまともに書いたことない私ですが実際に行った節約術、調べた節約術、楽しそうな節約術などを記録として残す為、2012年11月にブログ(貧乏父さんの節約術)を始めました。

もちろんマトモな文章を書けるわけもなかったのですが・・・(笑)

 

 

そんな私ですが気がつけば3年半もブログを続けています。
記事を書くのが苦手なので毎日ではありませんが・・・。

 

 

そしてついに、ついに・・・

 

 

電子書籍の出版をすることになりました!!

 

 

お問い合わせフォームから「貧乏父さんの節約術をぜひ書籍化してみませんでしょうか?!」というご連絡をいただき、最初は悩みました。

「私なんかが書いた本を誰が買うのか?」
「文章を書くのが苦手なのに人様からお金をいただけるような文章を書ける自信はない」
「途中で嫌にならないか?」

などなど他にも沢山不安がありました。

 

反面、興味もありましたが(笑)

 

不安な気持ちや疑問、流れなど色々と質問しているうちに「やってみよっかなぁ」という気持ちが強くなり、決心しました。

「規約確認」「著者登録」を済ませ、具体的な方向性を決める企画書の作成が始まりました。

テーマを決めターゲットを絞り、執筆を開始。

 

いや~。大変でした(笑)

今までこんなに文章を書いた事がなかったので途中、何度も嫌になりましたが最後まで書き終えた達成感は半端ないですo(^o^)o

 

 

とはいえ、先日「横山光昭さん」監修の元、出版されたブロ友の「ななさん」の「1年で150万円貯める家計管理術 [ なな ]」に比べるとボリュームはありませんが(笑)

 

昨日、楽天ブックス6月11日(土)の日別節約部門ランキングで堂々の1位を獲得しています。

1年で150万円貯める家計管理術2016.6.11日別節約部門ランキング

 

 

もちろん私も読ませていただきましたが節約の基本から上級テクニックまでお金が貯められるようになる家計管理のコツが満載ですよ( ^▽^)

実際に自分が執筆してみて、これだけのボリュームの本を出版したななさんは本当に凄いなぁと思いました。

 

 

現在、出版社の方が最終チェック、修正をし、発売に向けて色々と作業をしてくれています。

そして表紙が出来上がりました。

表紙_セコい節約から賢い節約へ

 

これを見るとワクワクしちゃいますo(^o^)o

発売日や目次、価格など決定しましたらまたご報告させていただきますね。

 

 

>>>「セコい節約から賢い節約へ」予約販売開始!本当は・・・(汗)

 


節約情報が満載の節約ランキング

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↑あなたの「ポチっ」が私のモチベーションになります。


Sponsored Link

2 Responses to “【重大発表】こんな私が・・・”

  1. おがっこ より:

    お!!!!!!!
    おめでとうございます。
    kindleで読めるのでしょうか??
    読めるならワタクシのスマホででも読める…

    • setsuyakupapa より:

      >おがっこさん

      ありがとうございます。
      Kindleと楽天で先行販売するようです!

      Kindleでも読めますので是非(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ