トイレの天井にクリアトーン12Sを張ってみた

Sponsored Link

 

約1年半前の事ですが写真が残っていたので再度、執筆する事にしました。

以前、知り合いに招待されて設備・建材メーカーの展示会に行った時に大建工業さんの「クリアトーン12s」という天井材が気になり、DIY好きの私は手始めにトイレの天井を張り替える為に購入しました。

 

クリアトーンは湿気を調整してくれる機能やトイレ臭、生ごみ臭、ペット臭などの生活臭を吸着し、匂いを抑える機能を持った天井材です。

イメージ
クリアトーン

 

 

 

天井材を張る準備

まずは要らない物を外します。

トイレの天井をクリアトーンに001

トイレの天井をクリアトーンに002

 

 

換気扇と照明も外します。

トイレの天井をクリアトーンに003

トイレの天井をクリアトーンに004

 

 

何だか天井のコンパネも汚いし「ここもやり変えてしまえ」と言うことで急遽天井も剥がしちゃいました。

トイレの天井をクリアトーンに005

いつも突然、予定とは違う作業が入ってしまいます(笑)

 

 

一枚にすると照明のケーブルを通すが大変なので2分割し、ケーブルが通る場所に穴を開けます。

トイレの天井をクリアトーンに006

トイレの天井をクリアトーンに007

 

 

 

コンパネを張ったらこんな感じ

トイレの天井をクリアトーンに008

トイレの天井をクリアトーンに009

 

 

 

クリアトーンを張る

角は突起部分をカットします。

トイレの天井をクリアトーンに010

 

 

専用の接着剤を塗り天井材を角から合わせてタッカーで留めます。

トイレの天井をクリアトーンに011

トイレの天井をクリアトーンに012

 

 

照明のケーブルが通る穴をあらかじめ開けておきます。

トイレの天井をクリアトーンに013

 

 

張り付けます。

トイレの天井をクリアトーンに014

トイレの天井をクリアトーンに015

 

 

端はタッカーが打てないので接着剤が固まるまで仮に支えを打ちました。

トイレの天井をクリアトーンに016

 

 

照明と換気扇を戻したら完成です。

トイレの天井をクリアトーンに017

 

 

この後、壁紙を貼る予定だったので廻り縁を付けずに終了しました。
という事で次回はトイレの壁紙を貼った時の様子をお伝えしたいと思います!

 


節約情報が満載の節約ランキング

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↑あなたの「ポチっ」が私のモチベーションになります。


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ