よーし。

子供も授かり将来の事を考えて夢のマイホーム計画を!!

と意気込んで物件を探し、いざ住宅ローン審査を受けて審査に落ちて金利の高い住宅ローンを組むという話も少なくありません。

物件を決めると金利が高くても買ってしまうんですよね。

家族の為に無理をして家を購入してもそのうちそれが負担に変わってしまうことも考えられます。

家のローンを返す為だけに働くのはオススメ出来ません。

そうならない為にも収入と住宅ローンのバランスを考える事が重要だと思います。

 

 

住宅ローンの目安額

住宅ローンの年間返済額は年収の25%以内が安心できる額だと言われています。

大雑把に計算してみましたのでご覧ください。

 

この数字を見てあなたはどのように感じましたか?

年収300万円の人の手取り額は約240万円。

月額手取り額は約20万円
※ボーナスなしの計算です。

 

住宅ローンが62500円/月だと単純に残りが137500円となります。

ここから食費、光熱費など生活に必要な費用をやりくりする事になります。

小さなお子様がいらっしゃれば保育料や将来の為の学資保険又は積立、そして家族全員の保険料etc…

突発的な出費に備えての貯蓄などを考えると私的には年間返済額は年収の20%以内に抑える事がベストな選択ではないかと思っています。

 

年収300万円の25%と20%を比較した場合、12500円/月の差額が確認できました。

12500円/月あれば家族で外食も出来ますし旅行貯金にまわす事も出来ます。

年収300万円の25%はあくまでも最低限の生活を確保するレベルでプラスα楽しみを追加しようと思えば20%で抑えるのが得策だと思います。

 

 

物件購入可能額を調べる

とはいえ、毎月5万円でどのレベルの物件が購入可能なのでしょうか?

SUUMO(スーモ)の住宅ローンシミュレーションを利用してシミュレーションしてみましょう。

  • 返済額:5万円/月
  • ボーナス返済1回分:0円
  • 頭金:0円
  • 返済期間:30年
  • ローン金利:1.5%

購入可能額:1448万円前後

 

 

  • 返済額:5万円/月
  • ボーナス返済1回分:0円
  • 頭金:100万円
  • 返済期間:30年
  • ローン金利:1.5%

購入可能額:1548万円前後

 

 

  • 返済額:5万円/月
  • ボーナス返済1回分:10万円
  • 頭金:0円
  • 返済期間:30年
  • ローン金利:1.5%

購入可能額:1930万円前後

 

 

購入可能額をご覧になってどうですか?

新築物件となると選択肢はかなり減ってしまいますが中古物件ですと私の住む田舎では1500万円もだせば意外と見つかります。
※住宅ローン金利1.5%でシミュレーションしていますがこの金利が安くなれば購入可能額は上がります。

私の場合、趣味がDIYなので古い家を購入しDIYを楽しんでいます。

DIYカテゴリ別新着記事

 

無理をして収入に見合わない物件を購入して住宅ローンの為に働くようになってしまうと人生楽しめなくなりますので収入に見合った物件で楽しむ事を考えましょう。

 

 

住宅ローン審査対策

年間返済額と購入可能額の目安がわかったところでそれに見合った物件を探し仮審査に挑みましょう。

住宅ローン審査の基準は様々で借入金額・返済期間など条件は同じでも審査に通る銀行と通らない銀行があります。

私がお奨めするのは複数の銀行で仮審査を受けて通ったところから絞っていく方法です。

しかし、複数の銀行に足を運び仮審査の申込みを何度もするのはかなり大変です。

そこで少しでも時間と労力を減らす為のツールが先日、住宅ローン借換えの記事でもお伝えした住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイトです。
※審査の基準は勤続年数や働いてる会社、現在の他の借金なども関係してくると思いますので年収別住宅ローンの可能額はあくまでも参考程度にお考えください。

 

借換えの方は↓の記事もご参考ください。

住宅ローン期間を短くすることのメリット!借換えで約200万円節約シミュレーション

 

 

住宅本舗の一括仮審査申込みは「これから住宅購入される方」「借換を検討している方」の他に専任スタッフに相談・お任せの予約や審査に落ちたことがある方の「審査落ち相談の予約」サービスもございます。

一括審査や相談は無料で行えますのでまずは試してみましょう。

 

 

住宅ローン借入れまでの流れ

住宅ローン一括審査申込みサイト「住宅本舗」を使って借入れの流れを簡単にお伝えします。

 

借入れ条件を入力し住宅本舗の全国60以上の銀行データからシミュレーション

気になる条件の銀行をピックアップし仮審査申込みをしたい銀行を選ぶ

必要事項を入力し、選んだ銀行へ申込みし、審査結果を待つ

仮審査をパスした銀行の中から絞込み、本審査の申込みをする

本審査をパスしたら融資が実行され、無事夢のマイホームを手に入れることが出来る

 

という流れになります。

 

実際に利用された方々の声もご参考ください。