コインチェックの580億円流出問題で多くの方に不安にさせた仮想通貨。

それ以降、毎日ネガティブな情報が飛び交っています。

 

そんな中「仮想通貨は危険だ!」と思うのは仕方ないことだと思います。

しかし、今回の流出問題は取引所に問題があっただけで仮想通貨自体が危険なわけではないのです。

>>>仮想通貨取引を始める前に・・・詐欺のリスクを減らす選択肢

 

 

取引所は販売と管理を同時に行っていますが基本的にハッキングのリスク回避の為、オフラインで管理されています。

このオフラインで管理されてる仮想通貨ウォレットの事をコールドウォレットと言います。

 

コールドウォレットで管理していない取引所はハッキングのリスクがかなり高くなると思います。

これって結局、仮想通貨自体がハッキングされるのではなく、仮想通貨を管理している取引所がハッキングされて流出してしまうのですね。

 

現在、全体的に暴落していますがブロックチェーン技術で支えられてる仮想通貨は日本は勿論のこと、海外の大手金融機関も国際送金などに利用し始めています。

仮想通貨が本当に危険なものなら大手の金融機関が国際送金などに利用するでしょうか?

 

 

LODE(ロード)ってなに?

前置きが長くなりましたがこのブロックチェーン技術を取り入れた新しいサービスが沢山増えています。

先日、ご紹介したFountain Connectをご覧になりましたでしょうか?

>>>Fountain Connect!不正のない寄付活動を実現するためのプロジェクト

 

ブロックチェーン技術を使えば、不正をなくし無駄も省くことが可能となります。

 

 

本日、ご紹介するICO案件は金現物取引を安全により身近にするプラットフォーム「LODE(ロード)」です。

実は価値が失われる事がないと言われてる金の取引には様々なコストが必要となっています。

 

そのコストをスマート化することで不要な手数料がなくなれば身近で気軽に取引できるようになるのではないかという理念のもとにLODE(ロード)プロジェクトは始まったようです。

引用:LODEホワイトペーパーより

 

 

LODEの導入により輸送コスト削減や取引手数料の大幅削減が可能となります。

 

そしてブロックチェーン上で管理することで安心かつ安全な取引を可能にします。

 

このLODE(ロード)が上場すれば金の取引が身近になることが大いに考えられますね^^

※ロードマップに「Oct.2018 Start trading on digital asset exchanges.」と書かれています。

これって仮想通貨取引所に上場するってこと?

 

 

LODEは2016年からプロジェクトをスタートさせて2018年2月15日よりトークンセールを開始します。

 

ICOスケジュール

LODE(ロード)のトークンセールは3つのフェーズに分けて行われます。

事前登録スタート:2018年2月7日15時~

プロテクションセールスタート:2018年2月15日15時~

パブリックセールステージ1スタート:2018年3月15日15時~

パブリックセールステージ2スタート:2018年5月15日15時~

 

 

セールの詳細はこのようになっています。

 

大口の購入者保護や、アクセス超過等による販売時のシステム障害が懸念されるため、プロテクションセールは最小購入額が50000LDG(50000ドル)となっています。

ご・ごまんドル・・・(汗)

 

私のような貧乏人には無理なお話です(笑)

販売数が20000000LDGなので全ての購入者が最小購入額の50000LDGずつ購入したとしても400人しか買えない計算です。

プロテクションセールで購入できればボーナスが80%となっていますので上場すればかなりの利益が期待できますね。

こんなにボーナスだして大丈夫なのだろうか?と思ってしまいますが・・・。

 

 

これまでにないとても興味深い案件なので様子をみながらステージ2まで待ちたいと思います。

※投資にリスクはつきものなのでホワイトペーパーを何度も読み返してICOに参加される場合は自己責任で行うようにしましょう。

LODE公式サイトを確認する