ビットコインがまたまた急騰して、ついに1ビットコイン200万円を超えちゃいましたね。

約2週間前に1ビットコイン100万円を超えたかと思ったらもう200万円超えです。

ビットコインを保有している方からすればこんなに嬉しい事はありませんね。

 

2週間前に1BTC(100万円)を投資していたら約200万円になってるんですからウハウハですよね。
↑先週のお話です。

これを見て「今がチャンスだ!」と有り金をはたいてビットコインを購入するのは待って下さい。

 

 

これからまだまだ急激に上がる事が予想されます。

しかし、逆に急激に下がる事も考えられます!

 

「ビットコイン」の先物取引を始めると発表した事で現状は投機的な資金で値上がりが続いているとも言われています。

 

 

CMEは複数の取引所を運営し、通貨、原油など先物取引の規模は世界有数。

価格が乱高下するビットコインは決済や運用に利用しにくいとの見方もあるが、上場により価格下落のリスクを抑えることができるようになり、利用が拡大する可能性がある。

と言われています。

東京新聞より

 

 

価格の乱高下が続くと小規模な取引所はシステム障害を起こし、取引が停止してしまう恐れもあり、最悪閉鎖という事も考えられます。

そうなると1億円分のビットコインを持っていたとしても一瞬で0円になってしまいます。

このようなリスクがある事を頭に入れて、増えたらラッキーくらいの余剰金で取引をする事をおススメします。

 

価格の乱高下は取引所だけの問題ではなくビットコインの利便性を損なうおそれもあります。

 

 

ビットコインの利便性

ビットコインの利便性といえば何といっても手数料の安さではないでしょうか。

銀行送金やクレジットカード決済などの決済・送金手数料にくらべて非常に安い手数料でおこなう事が可能となります。

世界中でビットコインが使える場所が増えてくれば海外旅行へ行った際もわざわざ円からドルなど現地通貨に換金する事なく決済ができるようになります。

そうなると換金する時にお金を抜かれたなんて事もなくなりますね。

 

そう考えるとビットコインが利用できる場所が増える事は私達ユーザーにとってもメリットは大きいのではないでしょうか。

ビットコインが世界共通の通貨となった場合、これまでの為替両替手数料なども低価格になりユーザーにとっては手間もお金も節約できる世の中が期待できます。

 

しかし、インフラ整備をしたくても企業の財務状況がビットコインの価格に左右されることになり導入するのが難しいでしょう。

こういった状況が続いてしまうと世界の共通通貨として身近なものになる前にユーザーからの信用を失いビットコインの価値がガタ落ちになる可能性も考えなければならないのではないでしょうか。

 

今後ビットコインは大暴落するという専門家も声も高まってる今、ビットコインを安定させるにはどうしたら良いのでしょう?

そこで面白いICO案件をみつけました。

REGAINプロジェクトです。

 

REGAINプロジェクトとは?

「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定」の実現を目的としたプロジェクトです。

ビットコイン市場が安定する事で

  • 投資の上でリスクが低くなり長期的に安定
  • 資産としての信頼が高くなり価格が安定
  • 価格が安定することで企業がビジネスとして導入し易くなる

このようにビットコイン市場がより安定するためにはボラティリティを低い状態で安定させる必要があると言われてます。

REGAINの詳細を確認する

その為にはビットコインの認知度を高めユーザーを増やす必要があるのですがビットコインが信用を失ってしまうとユーザーが減ってしまいます。

 

ビットコインの価値は計算力に左右される為、影響力のあるマイナーが意図的に計算力を落として価格を操作する事が可能となるようです。

そんな影響力を持ったマイナーが自分たちの利益の為だけに操作するようになったらどうでしょう。

さらにビットコインは信用を失い価値が下がってしまうでしょう。

 

そこで立ち上がったのがREGAINのCEO(ダン・アフレック)です。

彼は中国のマイナーが世界一の計算力を手にするきっかけとなったASIC(エーシック)と呼ばれるビットコイン・マイニング専用チップを開発した当事者です。

 

 

彼はこう言っています。

ビットコインはピア・トゥーピア型(P2P)のネットワークにより運営されトランザクションは仲介者なしでユーザー間で直接に行われます。

このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証されブロックチェーンと呼ばれる公開分散台帳に記録されていきます。

この技術は今後の世界を変えるものと世界の国々、大手の企業が注目しています。

 

しかし、誕生したてのビットコイン市場は参加者が少なくボラティリティも高いです。

そのため、企業がビジネスとして導入しづらく発展の妨げになっています。

このままでは、ビットコインが正しい評価を受けません。

現在は事実上ビットコイン市場を一社の企業が独占して自由に市場操作を起こし信頼を失っています。

私たちはビットコインの発展を信じています。

 

「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定」を実現させます。

そのために、市場を独占している企業を制御しなければいけません。

現在のマイニングマシン業界はその一社が70%を占めています。

ここで高性能なマイニングマシンをリリースしてもすでに出来上がっている資金力で買い占められてしまい構図は変わりません。

ここまでは、資金力のない小規模なマイニングプールが閉鎖に追い込まれたり新規参入ができにく状況です。

そこで、私たちは最先端のマイニングマシンを機材投資費0でマイニングプールを提供することにしました。

それは、マイニングで得たマイニングプールの利益を私たちとマイニングプールでフィフティフィフティにするという画期的な提案です。

それにより、小規模なマイニングプールも新規参入も対等に競争ができる自由市場ができあがり更なる発展につながります。

私たちREGAINプロジェクトとは私たちはマイニングマシンを増設するためにREGトークンを発行して資金を集めます。

それは、変化の激しいマイニング市場においてスピードを重視する最善の選択です。

REGトークン保有者には私たちが得た利益の60%を還元します。

私たちが得た利益とはマイニングプールがマイニングで得た利益の50%です。

私たちが得た利益の20%は更なる開発費に当てます。

残りの20%は私たち保有です。

ユーザーの投資は、私たちのプライベートブロックチェーンにより安全に管理されたセキュリティは守られています。

私たちと共に、ビットコインの明るい未来に向けて歩んでいきましょう。

これがREGAINプロジェクトです。

 

 

REGAINのスケジュール

2017年12月18日(月)17時~ 事前登録スタート予定!
2017年12月22日(金)17時~ クラウドセール第1段階スタート予定!

 

ICOとは?

ICOとは、企業等が電子的にトークン(証票)を発行して、公衆から資金調達を行う行為の総称で暗号通貨経済におけるIPOのようなものです。

IPOは証券取引所上の新規株式公開ですがICO(Initial Coin Offering)は企業が自社の「独自トークン」と呼ばれる仮想通貨(金融市場における株式のようなもの)を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。

しかし、日本では4月に改正資金決済法が施行され、仮想通貨を安全に取引できる環境は整えられたもののICOの詳細を規定する条文は盛り込まれてなく、法制度が追いついていないのが現状です。

その為、日本ではまだICOに対するリスクは大きいと考えられます。

参考記事:日本経済新聞

 

ICOのリスクなどはこちらの記事をご参考ください。

ICOにはこのようなリスクがある事を理解した上でホワイトペーパーを確認しましょう。

Whitepaper

 

REGAINは本日、2018年12月18日17:00より事前登録スタートです。

事前登録をしていないとトークンを購入する事が出来ませんのでご興味のある方は事前登録だけは済ませておきましょう。

REGAIN事前登録をする