【Raydium】LPトークン(RAY-SOL)でファーミングする方法をSollet作成から解説
この記事が役立ったらシェアしていただけると嬉しいです☆

 

節約パパ 冒頭

この記事はRaydium(レイディウム)というSolanaブロックチェーン上に構築されたAMM(自動マーケットメーカー)を使ってSOL/RAYペアのイールドファーミングを行う手順をお伝えします。

 

初心者の方には少し難しいかもしれませんが国内取引所から海外取引所へ送金が出来るレベルまでいけたら出来るくらい、わかり易くお伝え出来ればと思っています。

国内取引所⇒海外取引所への送金はこちらの記事をご参考ください。

注意

この記事は投資を推奨しているわけではなく、話題のSolanaチェーン上のRaydiumでステーキングやファーミングに挑戦してみたいと考えてる人のお役に立てる情報提供を目的としています。
↑友人へ向けて書いた記事です😁

投資をされる場合は自己責任でお願いします🙇

SOY/RAYペアでファーミングする手順

まず最初にイメージできやすいように流れを書いてみますね。

  1. Solletの作成
  2. BinanceまたはFTXでSOLを購入
  3. SOLをSolletへ送金する方法
  4. RaydiumでSolletに入金したSOLの約半分をRAYにSWAP(交換)
  5. 「RAY-SOL」のLPトークンを作成
  6. LPトークン(RAY-SOL)のファーミング

↑を見るだけで作業が出来る人もいらっしゃるのではないかと思いますが初心者の方に向けて画面を見ながら順番に作業をしていきます。

Solletの作成

Solletはイーサリアムブロックチェーンと比べてもトランザクション処理速度が早く手数料も安くて現在、大変注目を集めてるSolanaブロックチェーンを利用する為に必要なウォレットになります。

Solletの作り方は別記事で解説しているのでご参考ください。

 

BinanceまたはFTXでSOLを購入

今回、必要になるSOLはBinanceやFTXで購入する事ができます。

BinanceやFTXの口座を持っていない方はお得なリンクを貼っておきますので口座開設してSOLを購入しましょう。

SOLが買える取引所

Binance
↑のリンクから登録すると実質、手数料10%オフになるメリットがあります。

Binanceは世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所で国内取引所には無い、沢山のアルトコインを取り扱っていたり、様々なイベントが行われています。

FTX
↑のリンクから登録すると手数料5%オフになるメリットがあります

FTXはトレーダーがトレーダーのために構築した暗号資産デリバディブ取引所です。
トレーダーさんにとってメリットが沢山あるのでトレーダーの方は利用してみる事をオススメします。

SOLを購入するところまでは頑張って自分でやってみてくださいね。

ヒント:海外取引所の多くは円が使えないので国内取引所でBTCを購入⇒Binanceへ送金⇒BinanceでBTCからSOLに交換
※BTCは手数料が高くXRPで送金した方が安く効率的に送金出来たりもするのでその辺りは調べてみて下さい。

ちなみにBinanceでは「SOL/USDT, SOL/BUSD, SOL/BNB, SOL/BTC」の4ペアあります。

SOLをSolletへ送金する方法

SOLの準備ができたらSolletを送金してみましょう。

今回は、Binanceから送金する手順をお伝えします。

SolletはブラウザでBinanceはアプリを使用しています。

 

Solletを作って時間が経っている場合、ウォレットにロックが掛かっていると思いますので「パスワード入力」⇒「UNLOCK」をタップして解除しましょう。

ここにSOLを入金するので「RECEIVE」をタップ
※このボタンが隠れてる場合は右端の「﹀」をタップして下さい。

 

 

Deposit Addressをコピーします。

 

 

そして、SOLを保有しているBinanceを開き「ウォレット(Wallets)」⇒「両替(Spot)」⇒「SOL」をタップ

 

 

今回は2.6 SOLを送金してみようと思います。「出金」をタップ

 

 

ここで先ほどSolletでコピーしたアドレスを貼り付けます。

注意

アドレスを間違えて送金してしまうと大切なSOLを失う可能性がありますのでご注意ください。

 

 

送金したい数量(今回は全額を選択しました)を入力し、「出金」をタップ
※取引手数料が0.01 SOLなので出金されるのは0.01 SOLを差し引いた2.59 SOLです。

 

 

確認画面が表示されるのでアドレスと出金額を確認し、間違いがなければ「確認」をタップ

 

 

メールとGoogle認証(2段階認証)のダブルで認証を行います。

「コードを送信」をタップし、登録しているメールに認証コードが届くのでコピペしてGoogle認証コードは2段階認証アプリから6桁のコードをコピペし「送信」をタップ
※メールに送信された6桁のコードのコピペと2段階認証アプリを開いて6桁のコードをコピペして「送信」をタップするまでの作業を1分以内にしなければならないので始めての方は大変かもしれませんが頑張ってくださいね。

節約パパ 冒頭

ここの画面はスクショが撮れなかったので写真がありません。

 

 

これで出金リクエストが送信されました。

 

 

Solletを開いたら無事、2.59 SOLが入金された事を確認できました。

 

RaydiumでSolletに入金したSOLの約半分をRAYにSWAP(交換)

続いて、このSOLの約半分をRAYにSWAPするのですがまずSolletにRAYを表示させましょう。

ちなみにウォレットに新しいトークンを追加する時に手数料が発生します。

今回は0.002039 SOLでした。

 

「+」をタップ

 

 

Raydium(RAY)を探して横の「ADD」をタップ

 

 

少し時間を置いて戻るとウォレットにRAYが追加されました。

 

 

続いて、Raydiumを開きます。
※この作業を行う間、Solletは開いたままにしておいてください。

「LAUNCH APP」をタップ

 

 

「Connect」をタップ

 

 

Solletと接続したいので「Sollet」をタップ

 

 

パスワードを入力し「UNLOCK」をタップ

 

 

↓の画面が表示されたら「CONNECT」をタップ

 

 

これからSOLをRAYにSWAPしたいのでFromの枠をSOLに変更します。

「RAY」をタップ

 

 

「SOL」をタップ

 

 

FromがSOLに変わった事を確認したらToの「Select a token」をタップ

 

 

「RAY」をタップ

 

 

SOLとRAYを半分にしたいのですがSolletを利用する場合、何かしらSOLが必要になりそうなので0.08……..を残した2.5 SOLの半分(1.25 SOL)を入力してみます。
※SOLを入力したら自動的にRAYの数量が入力されます。

これで宜しければ「Swap」をタップ

 

 

一番下にスクロールして「APPROVE」をタップ

 

 

はい。これで4.1 RAYにSwapされた事が確認できました。

 

「RAY-SOL」のLPトークンを作成

もう少しなので頑張りましょう(笑)

これから「RAY-SOL」ペアのLP(Liquidity Provider)トークンを作成します。

右上の「≡」⇒「Liquidity」をタップ

 

 

先ほどと同じような要領でRAYとSOLを表示させてRAYの数量に合わせたいのでRAYの枠内にある「MAX」をタップ

 

 

MAXをタップしたら自動的にSOLの数量も入力されるのでこれで宜しければ「Supply」をタップ

 

 

一番下にスクロールして「APPROVE」をタップ

 

 

RAYのBalanceが0になった事を確認します。

 

 

0になってたら下にスクロールして「Your Liquidity」RAY-SOLがある事を確認しましょう。

確認できたらLPトークン作成は成功です。

 

LPトークン(RAY-SOL)のファーミング

いよいよ最終工程です。

「≡」⇒「Farms」をタップ

 

 

 

「RAY-SOL LP」を探してタップ

 

 

START FARMINGの「Stake LP」をタップ

 

 

今回は全てステーキングしたいので「MAX」をタップ

 

 

「Confirm」をタップ

 

 

「APPROVE」をタップ

 

 

これで完了です。

 

 

あとは報酬が増えるのをワクワクしながら待ちたいと思います。

とはいえ、元本が少ないので増えるRAYは数十円相当/日くらいだと思いますが😁

 

ちなみに増えたRAYを収穫する場合は「Harvest」をタップすると出来ます。

 

 

この記事が役立ったらシェアしていただけると嬉しいです☆